白内障手術

当院の日帰り白内障手術の特徴

「日帰り手術」といっても、「簡単」なわけではなく、長年の放置で白内障が進行していたり、緑内障のため視神経が委縮し視野がわずかしか残っていなかったり、すでに片目を失明していて手術を失敗するわけにはいかないといった難症例も多く、経験と技術を要する手術です。当院では御茶ノ水・井上眼科病院から森山涼先生に出張手術をお願いしており、優れた腕の専門家に手術を託しています。
手術の時間は10分程度で、精神的、肉体的な負担も少なく済みます。麻酔も局所麻酔のみで痛みもほとんどなく、出血もほとんどありません。

1対1の術前説明

当院では術前説明を看護師が1対1で丁寧に説明致します。手術前の数日間の過ごし方や術後の生活、費用、手術の方法、合併症などのリスクなど、細かく説明させて頂きます。内容にご納得頂けましたら手術の日取りを決めさせて頂くという段取りとなっております。

白内障手術のQ&A

白内障手術は痛いですか?
当院では、点眼麻酔と局所麻酔を組み合わせて行います。強い痛みを感じることはほとんどありません。

手術の費用はいくら位かかりますか?
当院で行う白内障手術は全て保険適用です。

1割負担の方片眼:1万4千円両眼:2万8千円
3割負担の方片眼:2万8千円両眼:5万6千円

手術後はメガネは必要ですか?
単焦点眼内レンズを使用しますので、焦点は1点になります。焦点を遠くに合わせた場合は近くを見るためのメガネを、焦点を近くに合わせた場合は遠くを見るためのメガネが必要となります。

手術後は歩くことはできますか?
手術した眼は眼帯で塞ぎますが、普段と同じ日常生活が可能です。但し手術直後の場合は片目での生活に慣れておられないので、お帰りはお迎えに来ていただくか、タクシーでお帰り下さい。タクシーでお帰りの場合は当院で配車対応いたします。

手術後、何日で仕事に復帰できますか?
簡単なデスクワークでしたら翌日からでも可能ですが、傷口がしっかり塞がるまでは眼に圧力が加わるような力仕事やスポーツなどは禁止です。

白内障とは

白内障とは、カメラのレンズにあたる水晶体という透明な組織が白く濁ってしまう病気です。
外から入ってきた光が散乱して、網膜に映る像がぼんやりとしてしまい、はっきり見えなくなります。
水晶体は一度濁ると、元に戻ることはありませんが、濁った水晶体を取り除く手術によって、視力を取り戻すことが可能です。

[APNG]皮質白内障シミュレーション
皮質白内障シミュレーション

白内障手術の概要

水晶体乳化吸引術は、幅3ミリ程度の切開部から、細いストロー状の装置を挿入し、超音波を出して水晶体の最も硬い部分である核を細かく砕きながら、水晶体を吸引装置で吸い出す白内障の手術です。 水晶体を取り除いた後には、眼内レンズを挿入します。

[IMG]水晶体乳化吸引術(PEA)-4
水晶体乳化吸引術(PEA)

眼内レンズ

一般的に、白内障手術で水晶体を摘出した後は、代わりに眼内レンズを挿入します。
最近の手術では、折り畳んだりインジェクターという装置で挿入する為、ソフトレンズが一般的です。
ピントを固定した単焦点レンズ、遠くと近くの両方に焦点が合う多焦点レンズ、高齢者の水晶体の色に近い黄色い眼内レンズなどがあります。
当院では単焦点レンズのみを取扱っております。多焦点眼内レンズをご希望の場合は信頼のおける他院をご紹介させて頂きます。

[APNG]IOL(インジェクタ)
眼内レンズ挿入術